アンサージュ トライアル 毛穴

加齢により毛穴が目立つ理由

昔は気にならなかったのに、年を重ねるごとに鏡をいると毛穴が目立ってきた。
そんな「毛穴の目立ち」の原因は、毛穴周辺の皮膚のターンオーバー(新陳代謝)の乱れです。
20代半ばまでは過剰な皮脂分泌が原因で毛穴が目立ってきたということが多いものですが、30代に入ると、体内のホルモンバランスの変化や、毛穴周辺の皮膚のターンオーバーの乱れが原因で、すり鉢状に毛穴が陥没して広がってしまいます。
肌表面に近づくにつれて広がり、毛穴が目立ってきます。

 

つまり、若い頃には引き締まっていた毛穴が、お肌のターンオーバーの乱れが原因ですり鉢状に広がってしまうのです。

ターンオーバーの乱れ

お肌のターンオーバーとは、表皮の新陳代謝のことです。
新しく作られた細胞が角化しながら姿を変え、それぞれの役割をこなして、最後は垢となって剥がれ落ちる、肌が生まれ変わる仕組みのことをいいます。

ターンオーバーはおよそ28日周期が理想ですが、加齢により遅れがちになります。

20代で28日周期だったターンオーバーは、30代になればおよそ45日、40代になるとおよそ60日前後かかるようになるといわれています。

また、洗いすぎ、ホルモンバランスの乱れ、ピーリング、お肌の乾燥、紫外線などの外部刺激により乱れてしまいます。